相沢こうた (あいざわ耕太) 八王子市議会議員

相沢こうたの使命

こんにちは、八王子市議会議員の相沢こうたです。

6月

・本年7月2日に施行される東京議会議員選挙に新人として出馬予定の現職の八王子市議会議員3名が6月8日の市議会第二回定例会初日をもって辞職されました。この3名に対しまして私はそれぞれにお世話になり思い出がある方々ですので少し寂しい思いもあります。

1人目、伊藤祥広議員は八王子市議会の一期先輩であり、会派は違いますが私が新人の頃より議会での決まり事や議員としての心得などを様々にご指導いただきました。伊藤祥広議員は議会、委員会で挙手をし議長・委員長から指名されたときに、必ず「はい」と大きく返事をされます。このことはとても大事なことだと感心し「初心忘るべからず」という大事なことと、ずっと真似をさせていただいています。私が今でも必ず「はい」と返事をしているのはそういうことで、議会のいろはを教えていただいた一人として伊藤先輩には大変感謝しております。

2人目の鈴木レオ議員も会派が違い、また彼は一回り以上も若いのですが、議会の初当選が一緒で、以来同期の議員として親しくお付き合いさせていただきました。八王子市議会での同期は三期目を迎えて現在5人でしたが、年に数回は懇親会の場を設けて一杯飲みながら様々に議論を交わすお付き合いをさせていただいておりました。

3人目の安藤修三議員は同じ会派の後輩で6年間、近くでお付き合いをさせていただきました。同じ会派ですので議会以外でも視察や定例会後の打ち上げの会などご一緒する機会が多くありました。彼はとても頭が良く柔軟な考え方が出来るため、これからの伸びしろが大いにあると期待し、いろいろと指導した思い出があります。弟のような存在だったと思っています。

今回の都議会議員選挙でこの3名は小池氏側ではないことが共通点です。私は、小池都知事は多摩地区にあまり興味がないようで、このままだと三多摩格差とでもいいましょうか、多摩地区の伸びが期待できないと危惧しています。例えば東京オリンピックですから横浜とか埼玉よりも多摩地区の会場を模索していただきたいと今でも思っています。また働き方改革の一環として、都心に集中している企業を多摩地区に分散して職住接近を図ることにより通勤時間の短縮や通勤電車の混雑緩和を行うことで通勤時の疲労や時間の無駄を省く施策を積極的に実施して欲しい。企業の多摩地域への分散は税収の分散による地方財源の均等化の効果もありますし、こういった東京全体を見た施策展開を都政に期待しています。
都議会の場で八王子をよく知っている方々に強く訴えていただき、八王子をはじめとした多摩地区に目を向けさせて欲しいと願っています。3名には是非ともがんばっていただきたいと思います。

・今回の定例会開催初日に議長より議員活動10年の表彰をいただきました。

相沢こうたの使命

応援してくださる皆さまのお陰でいただけた表彰であり、とても光栄に思います。
この表彰に恥じないよう引き続き頑張って参ります。ありがとうございました。

過去の履歴

5月 4月 3月 2月 1月【2017年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2016年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 2月 1月【2015年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月 2月 1月【2013年】