相沢こうた (あいざわ耕太) 八王子市議会議員

相沢こうたの使命

八王子市議会議員の相沢こうたです。

今年の冬は例年よりも一段と寒い、と感じている方が多いのではないでしょうか。八王子市では既にマイナス6度以下まで冷え込む夜がありました。地球温暖化が社会問題になっているのに・・。

桜井邦朋さん(神奈川大学名誉教授・理学博士)の著書で「眠りにつく太陽」を昨年拝読いたしました。この中で博士は、太陽の活動は太陽の表面に現れる黒点の数で判断され(黒点数が多い方が活動が活発)この数は十年くらいの周期で増減を繰り返し太陽活動周期と呼ばれているが、現在は過去にない長い期間で黒点数が減少し続けていると述べています。この太陽活動の影響は太陽圏内の磁場に影響し宇宙線の地球大気中への侵入効率に影響を及ぼすなど、様々な観点から地球上の環境に変化を起こしているとのことです。地球温暖化についてCO2の影響しか表立って言われていませんが、太陽活動の観点から考えると逆に地球は寒冷化しているという説を唱えているのです。物事を考え判断するとき、一方からの見方しかできないと大抵は判断を誤ることになります。私は太陽の活動に関しては今回はじめて詳しく知りました。CO2の排出量を減らす取組みを行わなくてはならないことには当然何ら変わりはありませんが、地球温暖化の原因となり得る様々な要素について改めて様々な角度から考えてみることの必要さを感じました。

1月

〇様々な団体の新年会に出席をさせていただいておりますが、昨年の衆議院選挙における政権交代を受けて今年は景気が上向くのではないか、という期待をお話しする方が多いようです。前政権のコンクリートから人へ、というフレーズについては決して間違えではないと思っておりますし、こと教育に関しては予算を増やし高校無償化などの政策を実施したことは評価できます。私は現代の様々な社会問題の要因を紐解いていくと、教育というキーワードに必ずというほどたどり着いてしまいます。人としての内面を正しく形成することの重要性については今更私が述べるまでもないことですが、人間社会は人としてのベースがきちんと出来上がっていることを前提に作り上げられるものです。新政権になり景気と雇用に力を注いでいることは、ここのところ蔓延してしまっている世の中の閉塞感を打開するためによいことだと評価しておりますが、教育に関しては旧政権の思いを引き継いで欲しいと考えております。

過去の履歴

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2012年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月(その2) 3月(その1) 2月 1月【2011年】

12月 111月 10月 9月 8月【2010年】