相沢こうた (あいざわ耕太) 八王子市議会議員

相沢こうたの使命

八王子市議会議員の相沢こうたです。

夏が迫ってきました。

国やマスコミでは最近なってやっと夏の電力が不足するという見通しが騒がれはじめました。現在の電力供給手段を考えれば原子力発電所を全て停止してしまった状態では当然のことであり、電力に何かしら係わっている人たちから見たら「当たり前のことで何を今更騒いでいるのか・・」という思いでしょうし、このことは私も随分前から指摘をさせていただいております(本年2月のトップページに掲載させていただいておりますのでご覧ください)。

何%の節電が出来ることが計画停電やブラックアウトを防ぐ条件であるとか、企業の操業時間の変更によってとか、電力会社同士の融通に頼るべきであるなど、なんとも頼りない記事が連日報道されておりますが、原子力発電所を停止して足りなくなってしまった電力を少しでも補填するために各電力会社は老朽化している火力発電所などをフル稼働せざるを得ない状況にあり、その電力量も夏の供給力の中に加算されていることを忘れてはいけません。こういったリスクの高い発電所がトラブルを起こし供給力が想定まで行かないことも当然考慮しなくてならないことですし、送電線や変電所のトラブルなどもある程度考慮した余裕を持った最大供給電力でなくては、とても安心して夏を乗り越えることなど出来ないでしょう。そういった観点から普通に見れば現在の議論は既に綱渡りであり、それも相当に細い綱の話しであると感じます。

昨年の地震以降、原子力発電所を停止することを政府の方針として実施し、一方で脱原発の議論をしている割には、代替えのエネルギーによる電力確保策が何も行われていません。電力会社のやることなすことを批判ばかりしているのに、社会的な大問題の対応は各電力会社の自助努力に頼り切っています。自然エネルギーへの転換などという言葉ばかりで政府は具体的な施設整備を行っていませんし、そもそもエネルギー政策に関して何も方針が決まっていません。例えば原子力から他のシステムに変換していくにしても施設整備には相当の期間が必要ですから、方針が決まっていても移行期間中には何度も夏が訪れる訳で、何もせずにただ原子力発電所を停止しているだけの今の状態は最悪の状況です。 この危機的状況の夏を乗り切るためにはどうすればよいのか・・。

7月から9月までの期間限定で原子力発電所を稼働させることを決断したらどうでしょうか。稼働させる原子力発電所はある程度の条件付きで構わないと思います。例えばストレステストの報告が既に出されており、設備として比較的新しい、また地形的に津波などの想定外な出来ごとが考えにくい、などの条件を満たしている原子力発電所に限って、これらを夏の間限定で稼働させ夏対策終了後に改めて停止して安全性や地元の理解に関して議論をする、そういった決断が出来ないものでしょうか。現実的に泊原子力発電所や柏崎刈羽原子力発電所などはつい1~2ヶ月前までは何の問題もなく運転をしていた訳ですから・・。

節電などと簡単に言いますが、昨年の夏、地震の被害を近くに感じ震災後に計画停電を経験した関東でさえ、全体での節電量は15%程度がやっとでした。世間に昨年ほどの緊迫感の無い中で昨年と同等以上の節電効果を求めることはかなり難しい課題だと思います。例えば今夏、電力不足から停電をせざるを得ない状況になるとすると間違いなくその日は「猛暑」ですから、停電により体の弱い方などは人命に係わる可能性まであると考えます。猛暑により節電が目標値まで達成出来ない可能性と、原子力発電所がその3ヶ月の間に不測の事態に陥る可能性の確率をよく考えてみたらどうかと思いますが、果たして国にそこまでの危機意識や気概があるかどうかというところでしょうか。蛇足ですが原子力発電所が完全に停止した状態から安定した営業運転に至るまで、3週間程度のアイドリング期間が必要ですから、もう既に連日報道されているような議論をしている時期ではないのではないかと思いますが・・・。

6月

○八王子駅北口の市営地下駐車場の利用料金について、1時間300円の利用料金で運営していますが連続駐車時間の上限がありませんでした。そのため5時間で1500円、8時間停車すると駐車料金は2400円となります。昨今のコインパーキングは何処も連続駐車の場合の上限価格が設定されており、八王子駅周辺では日中の時間帯で1500円程度が相場かと思います。北口地下駐車場に近接した市の施設などもあり、また遠方から仕事に来られる方は「市営」であることから料金の心配をせずに駐車する方が多く出庫時に高額な金額を見て驚いたとの声をお聞きしています。この件で八王子市交通事業課に上限設定について検討を依頼しておりましたが、駐車場運営に関係する上位機関と連続駐車の上限金額設定を行う方向で鋭意調整を実施している、との情報をいただきました。市営であるため周辺の民間駐車場を圧迫しないようにしなくてはいけないという考え方があるようですが、市民の方々に納得してご使用いただけることが大事だと思っておりますので今後も積極的に取組みの進捗状況を見て、早い時期の料金改定に結び付けていきたいと思っております。

○6月の定例議会が開催されます。

今回は一般質問を実施する予定で、テーマは「防犯灯の管理運営方法について」「街路樹の選定と市街地緑化の考え方について」にしたいと考えております。防犯灯については一年前に一度取り上げて一般質問を実施しておりますが、当時の理事者には改善に向けた考え方をご理解いただけませんでした。市長をはじめ理事者が変わっており、また自分自身が前回の回答に納得しておりませんので再度議論してみたいと考えております。結果については追ってご報告させていただきます。

過去の履歴

5月 4月 3月 2月 1月【2012年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月(その2) 3月(その1) 2月 1月【2011年】

12月 11月 10月 9月 8月【2010年】