相沢こうた (あいざわ耕太) 八王子市議会議員

相沢こうたの使命

こんにちは、八王子市議会議員の相沢こうたです。

平成28年6月

相沢こうたの使命

・私も住んでいる打越町に残っている一見緑地に見える7ha以上はあろうかという一帯があり、ここは市街化調整区域に指定されていますが、ここに市内の建材会社が資材置場を作るための住民説明会を本年4月に実施しました。このことから当該地の過去の問題が浮かび上がることになりました。

この土地には過去に土砂やゴミの不法投棄が行われており、地元の方々にお聞きすると谷戸で周囲よりも地盤が低かったというこの場所は、現在は周辺で一番高い地盤となっています。過去の写真や図面などから推測しますと20メートル以上も何かが堆積されている、ということになると思っています。

現在、資材置場を作るための事前準備作業として表面から1m程度の表層部分を削りながら表面近くにある不法投棄されたゴミを撤去する作業を行っていますが、その量は半端な量ではなく、車や重機の車体やタイヤ類、アセチレンや消火器などのボンベ類、鉄屑にプラスティック屑など様々に大量のゴミが出てきています。

残されている航空写真などから判断すると捨てられた時期は昭和後半の時代から何段階かあるように見えますが、未だその全容を調査している最中ですが写真や図面などがあまり見つからず苦労しています。古い写真に当該地が背景に写っている、などございましたら是非ともご提供いただきたいと思います。

相沢こうたの使命
相沢こうたの使命

《明らかに土砂等が入り、写真右から右下の部分の池や林が無くなっています。》

八王子市は昨年4月に中核市となり東京都から多くの事務権限が委譲されました。その中に廃棄物対策がありますので、この土地の廃棄物対策は市独自で対応することが求められるようになった訳です。中核市移行の負の部分だと思います。東京都から引き継がれている当該地の資料は、何故か平成14年以降のキングファイル一冊分しか無く、市が問い合わせても「それ以外は無い」という回答だそうで、問題の解決がなされていない案件の資料を破棄したということであれば意図的であり、このような問題がある場所で一定時期以前の資料が全く無いというのは普通に考えればあり得ない話しだと思います。東京都にも過去の責任として果たすべきことはあると考えていますので今後更に協力を求めていくべきだと考えます。

ゴミを誰が捨てたのか、その犯人が特定できない場合、どこまでの責任を現在の土地の所有者に掛けられるのか、費用面を含めて難しい問題です。また土地の土壌・水質の汚染とその影響も詳しく調べる必要があり、更には自然環境の視点から一体どの状況をベースとしてこの土地付近の自然環境が維持されているという判断とするか。更にはゴミを取りきらないまま資材置場としての申請が提出された場合、それは許可されるのか、など難しい課題が山積しています。

市内には過去の不法投棄などの問題個所は他にも複数あると聞いています。他の場所の対応にも影響する事例だと考え、昨日行われた議会での一般質問で本件について取り上げました。市は具体的な対応策をこれから具体化していく段階にあり簡単には片付かない難しい案件だと思っていますが、私自身も今後引き続き地元の方々と共に積極的に取り組んで参ります。

過去の履歴

5月 4月 3月 2月 1月【2016年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 2月 1月【2015年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2014年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月 2月 1月【2013年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2012年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月(その2) 3月(その1) 2月 1月【2011年】

12月 11月 10月 9月 8月【2010年】