相沢こうた (あいざわ耕太) 八王子市議会議員

相沢こうたの使命

こんにちは、八王子市議会議員の相沢こうたです。

平成26年3月

・先月(2月)は関東地方で二回の大雪を記録しました。二回の間隔が短かく一度目の雪が溶けきらないうちに2月14日に記録的な大雪となったこともあり、八王子市内では交通機関が数日間に渡ってマヒ状態となりました。行政の大雪対応には市民の方々より多くの要望をいただきましたし、私自身も様々に思うところがあり、市に対して要望を提出させていただきます。今後の大雪に備えて市の災害対策マニュアルに検討結果を掲載することはもとより、山梨県都留市などの例を見ますとマニュアルがあったけれどもその通りの動きができなかったところもあるようですので、より実効性を持たせる必要があります。現在始まっている第一回定例議会の中でも確認を進めていきます。

ここ数年、八王子市は雪に限らず台風などの異常気象時には八王子駅前がテレビ局の中継によく使われます。今回の大雪も例外ではなく八王子駅前には各局の中継車が待機していました。随分な積雪があったので八王子市の積雪量を知ろうとインターネットや新聞で探しましたが載っていません。なぜだろうと調べてわかったことですが、どうやら八王子市は気象庁の正式な観測点になっていないようです。これには驚きました。異常気象時のみならずNHKの夜のニュースでは東京とは別に八王子という地名で天気予報が明示されますし、中核市への移行も決まっている多摩地区では大きな行政です。今後の正式な観測点となるように、気象庁への働きかけをするよう市に要請していきたいと思います。

相沢こうたの使命

今回の大雪で市に寄せられた苦情は後半の14日の豪雪時だけで800件を超えるとお聞きしました。そのほとんどが「雪をなんとかしろ」といったものだそうですが、半数以上の400件を超える電話が匿名でありどなりつけるようなものだったということです。除雪体制が整っていなかった市の体制も悪いのですが、電話で匿名でどなりつける、というのは如何なものでしょうか。雪に限らず皆が苦しいときは自らを律して・・といった日本人の精神的な美学は薄れてしまったのでしょうかね、大変淋しく感じる出来事でした。

・3月議会が開催されています。予算審査特別委員会、都市環境委員会、都市環境審議会と委員会が多く開催され、それぞれで発言の機会があります。前述の大雪対策をはじめ、保育園の待機児童対策、公衆街路灯管理費、地域循環バスの運行方法、などを軸に発言する予定です。

過去の履歴

2月 1月【2014年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 5月 4月 3月 2月 1月【2013年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2012年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月(その2) 3月(その1) 2月 1月【2011年】

12月 11月 10月 9月 8月【2010年】