田中たかのり (たなか孝典) 大垣市議会議員

田中たかのりの使命
健康で笑顔あふれるふるさとづくり
VOL.23

平成27年3月議会

田中たかのりの使命

<写真説明>
里山地域の野外体験イベントは、大勢の子供連れ家族でにぎわいます。
(写真は 一之瀬地区の芋ほり体験行事。市内市外の各地から参加。)

一般質問で、「野生を育て夢かけて走る子ども達を大垣から」と題して提言

大垣市議会の一般質問が3月9日に行われました。一般質問は3,6,9,12月の議会定例会の中で行われ、議員が登壇し、市長に対して大垣市政への質問や提言を行うものです。私は当選以来、ほとんどの定例会で一般質問をしています。今回は「野生を育て夢かけて走る子ども達を大垣から」と題して提言。その要旨は次のとおりです。

1.「野生を育て夢かけて走る子ども達を大垣から」

平成27年1月17日に大垣市文教協会50周年記念式典で、世界的建築家安藤忠雄さんの講演があった。安藤さんは「夢かけて走れ」と題し、何度も「野性を育てる教育」に大垣市で取り組むべきと提言された。①子育て日本一大垣として、まさに取り組むべき道ではないか。②市全体ではなく、里山上石津地域で始めてはどうか。③市内の小中学生の保護者の中で、そうした教育を望んでいる人たちがいるはずである。希望を聞いてはどうか。④野生教育・民家住居・余裕通勤をセットで発信すれば、大垣市へ住みたいという若い世代が必ず応えてくれる。ふるさと回帰支援センター等を通じて発信してみてはどうか。

詳細は大垣市議会のホームページで「議会本会議録」として公開されますのでご覧下さい。また、私のホームページでも「田中たかのり一般質問集」として公開していきますのでご覧下さい。

過去の履歴

VOL.22 VOL.21

VOL.20 VOL.19 VOL.18 VOL.17 VOL.16 VOL.15 VOL.14 VOL.13 VOL.12 VOL.11

VOL.10 VOL.9 VOL.8 VOL.7 VOL.6 VOL.5 VOL.4 VOL.3 VOL.2 VOL.1