小田中みのる (おだなか稔) 室蘭市議会議員

小田中みのるの使命

小田中みのるの決意

3月に入りました。

室蘭市議会では、青山市長任期最後となる本格予算を審議する平成26年第1回市議会定例会が、2月26日に開会しました。初日の本会議では、市政方針、教育行政方針説明、各会計予算、条例改正等の議案説明がなされています。3月25日までの28日間の日程で開会されますが、今後の議会日程は、

4・5日一般質問(代表制)
10・11日質疑・一般質問
12日総務、経済・建設常任委員会
13日民生常任委員会
14・17・18日一般会計予算審査特別委員会
19・20日特別会計予算審査特別委員会
24日議会運営委員会
25日本会議

となっています。

一般質問・代表制(持ち時間60分)では、水江会長が市民ネット・むろらんを代表して、質疑・一般質問は、立野議員と高橋議員がそれぞれ27分の持ち時間で質問に立ちます。

青山市長は、市政方針説明の中でも任期の集大成と位置づけており、子育て支援の充実、環境都市づくりの推進、都市政策の推進、地域コミュニティの支援、災害に強いまちづくりの5つを重点的な取り組みとして、人口定住や市民の安心に向けた施策を打ち出す、としています。

人口9万人割れが時間の問題となっている本市にとって、人口定住策は喫緊の課題ではありますが、将来を見据えた施策が必要であり、子育て世代への支援を含め、本当に「こどもからお年寄りまで安心して暮らせる室蘭」とするための議論をしていきます。

過去の履歴

2月 1月【2014年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2013年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月【2012年】

12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 3月 2月 1月【2011年】

12月【2010年】