長谷川のりお (はせがわ則夫) 白井市議会議員

長谷川のりおの使命

2017年1月

長谷川のりおの使命

写真は七次橋の工事状況です。

冨士センターの指定管理者が決定しました。指定管理への移行が延び延びになっていましたが、地域の方々で構成される冨士センター運営協議会に指定管理をお願いすることになりました。

学童保育事業を民間に委託します。これまで保護者により管理、運営されてきましたが、白井第一学童保育所を除く10か所の学童保育所で実施されます。

七次橋の設計が再度変更になりました。当初計画が渇水期のみで終了予定でしたが、う回路等の土地使用契約が難航し、雨量が多くなる時期に延期されたことから、第一次設計変更。さらに地盤調査の結果、軟弱地盤が判明したことから、第二次設計変更となりました。

安心、安全で暮らしやすい白井に。

防犯、防災対策に取り組み、犯罪のない街を目指して活動してきました。

子どもたちの元気な声が聞こえる街、活気ある街を目指して、活動を続けてまいります。

防災機能を備えた都市公園整備の方針が示され、実現に向けて動き出しています。

長谷川のりおは頑張ります。

●第三小学校通学ボランティアとして子どもたちの登校を見守っています。

●消防団冨士部の団員を務め、火災や災害に備えています。

●農産物直売所(やおぱあく)生産者の一員として地産地消に取り組んでいます。

●エコキャップ運動に参加し、発展途上国の子どもたちにワクチンなどを送る運動を積極的に行っています。

●自治会の役員に従事し、社会福祉協議会の行事にも参加しています。

過去の履歴

5月 2月【2016年】

9月 4月【2015年】

12月 7月 4月 1月【2014年】

11月 6月 1月【2013年】

4月【2012年】

8月 4月 2月 1月【2011年】