長谷川のりお (はせがわ則夫) 白井市議会議員

長谷川のりおの使命

2017年11月

長谷川のりおの使命

写真は西白井複合センターです。

西白井複合センターに駐車場を新設します。違法駐車防止対策としてセンター西側の広場を改修します。広場で開催されていた各種行事なども引き続き開催可能となります。

市内各施設の使用料を見直します。行政改革の一端として、各施設の使用者負担割合をコストの50%から100%に変更します。変更後料金の上限を現行料金の1.5倍としています。文化会館など一部の施設は据え置。実施は、平成30年度からです。

北総鉄道値下げ支援補助金に関する、横山前市長に対する和解案は否決されました。
専決処分に対する住民訴訟の判決確定後、支払期限を過ぎても、横山前市長から損害賠償金が支払われませんでした。白井市は、千葉地方裁判所に訴訟を提起し、このたび裁判所から1129万5362円の支払い義務と約2020万円の権利放棄での和解案が示されましたが、裁判所の判断を仰ぐのが最善と判断しました。

安心、安全で暮らしやすい白井に。

防犯、防災対策に取り組み、犯罪のない街を目指して活動してきました。

子どもたちの元気な声が聞こえる街、活気ある街を目指して、活動を続けてまいります。

防災機能を備えた都市公園整備の方針が示され、実現に向けて動き出しています。

長谷川のりおは頑張ります。

●第三小学校通学ボランティアとして子どもたちの登校を見守っています。

●消防団冨士部の団員を務め、火災や災害に備えています。

●農産物直売所(やおぱあく)生産者の一員として地産地消に取り組んでいます。

●エコキャップ運動に参加し、発展途上国の子どもたちにワクチンなどを送る運動を積極的に行っています。

●自治会の役員に従事し、社会福祉協議会の行事にも参加しています。

過去の履歴

1月【2017年】

5月 2月【2016年】

9月 4月【2015年】

12月 7月 4月 1月【2014年】

11月 6月 1月【2013年】

4月【2012年】

8月 4月 2月 1月【2011年】