こうの節子 (河野せつこ) 香取市議会議員

こうの節子の使命

私の政治姿勢

◇◇市民に開かれた議会、市民とともに歩む議員を目指して◇◇

こうの節子の使命

「市民の市民による市民の為の政治」これこそが地方自治のあるべき姿、民主主義の原点です。

主権者である市民の皆さんが、議会に何を求めるのか?議員として何をなすべきか?を念頭に置きながら、私は常に市民の皆さんの声の代弁者として、また市政のチェック機関としての議会の責任を重く感じつつ、是々非々を貫く事に徹してまいりました。

又、37年に亘るボランティア活動は、私の生き方の原点であり、その活動を通じて感謝と奉仕の心を培うことができました。そして、ご恩返しの積もりで続けてきたボランティアから体得した私の政治信条は『正直者が馬鹿を見て、弱いものが泣くような世の中であってはならない』と言うことです。

国全体が経験したことのない人口減少時代に突入し、香取市においても毎年約1000人の人口が減少しています。税収減に加え、交付税も平成28年度から段階的に削減され、最終的には14億円の削減が予測されています。厳しい時代の地方議会において、議会の使命を追い求め、誰もが生まれてよかった、住んで良かったと思えるような『安心、安全、そして希望の持てる香取市』にしていく為に、高所大局からの視点で将来を見据えた政策提言のできる議員であり続けたいと思います。

どうぞ皆様の変わらぬご支援をよろしくお願い致します。