恵那市議会議員

堀みつあき

MITSUAKI HORI

堀みつあきのプロフィール

堀みつあきの紹介

堀みつあきのプロフィール
氏名堀 光明(ホリ ミツアキ)
生まれ昭和23年 恵那市串原に生まれる
家族妻、母、長男
趣味へぼ(クロスズメバチ)の育成、囲碁

経歴

昭和41年県立恵那高校卒業
昭和46年立命館大学法学部卒業
昭和46年~新明工業(株)勤務
昭和61年協栄生命(株)勤務
平成元年~ベルグラビアカントリー倶楽部勤務
平成11年~串原村教育委委員会(教育長)勤務
平成16年~恵那市議会議員
平成19年~20年総務文教委員会 委員長
平成20年~22年リニア停車駅誘致対策特別委員会委員長
平成23年~広報広聴特別委員会 委員長
平成24年~市民福祉委員会委員長
平成25年~副議長
平成26年~広報広聴特別委員会 委員長
平成27年~議長
平成28年~瑞浪恵那道路・新丸山ダム建設促進特別委員会委員長
平成29年12月~総務文教委員会 委員長
平成30年11月~市民福祉委員会 副委員長
令和元年11月~経済建設委員会 副委員長

歌舞伎に挑戦

串原文化祭(平成23年11月20日)では、毎年、地歌舞伎が3幕程度上演されています。小学校の高学年も一幕演じます。他の二幕は歌舞伎保存会で演じます。その中の一幕に初めて出演しました。歌舞伎の題目は「だんまり」で大伴黒主役です。最初、ニセ大納言役で出て、途中で大伴黒主役に変身します。歌舞伎の演技の大変さを実感しました。長年、歌舞伎の伝承に力を注いでみえる歌舞伎保存会に敬意を表したいと思います。

令和元年度へぼ(クロスズメバチ)の巣コンテスト

写真は当日、私の巣をばらして広げた時の写真です。

令和元年度のへぼの巣コンテストが、11月3日(日)に串原のささゆりの湯、グランドゴルフ場一帯で開催されました。当日は日曜日と重なり、1600人程とたいへんなにぎわいでした。お店のへぼ五平もたいへんな人気でした。出品者も長野県、愛知県からも有り、115巣の出品でした。最高重量は6390グラムでした。私も出品し、2430グラムでした。順位は67位でした。

※へぼの巣についての説明・・・7月頃山に行って、へぼ(クロスズメバチ)を鶏肉やイカ等でおびき寄せ、へぼに目印をつけて飛ばし、巣を探します。その巣を掘り出してきて、家で木の巣箱に入れて、約3ケ月程、鶏肉、魚、砂糖水等で飼い、巣を大きくします。コンテストの当日巣箱を会場に持っていき、煙幕でいぶして、巣を取り出し、その重量を量ります。

今回、山で掘り出した時は、巣の重量は、約200グラムほどで、コンテスト当日には2430グラムまで大きくなっていました。

堀みつあき
恵那市議会議員