大田ゆうすけ (おおた祐介) 福山市議会議員

大田ゆうすけ議員へのインタビュー

大田ゆうすけ福山市議会議員(広島県)へ、平成23年5月17日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

大田祐介議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

大田祐介議員 具体的な成果を挙げ、市民に見える活動を行うことができる身近な存在だと思います。

福山市で今、一番問題だと思われる事

記者 福山市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

大田祐介議員 一番の問題かどうかは別にして、歴史教育が十分に行われていないように思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、大田祐介市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

大田祐介議員 先の大戦による福山歩兵第41連隊ほかの戦死者の上に、現在の福山市の発展と平和があることを忘れてはならないと思います。その歴史を次の世代に継承するよう、取り組んでおります。

議員活動報告

記者 大田祐介市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

大田祐介議員 ブログやソーシャルネットワーク、メールマガジン、紙の新聞等を主に活用しておりますが、声を掛けていただければ、どこにでも出向いて市政についてお話をさせていただきます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、大田祐介市議は何が必要だとお考えですか。

大田祐介議員 若い候補者が出れば、若い人達も政治に興味を持つと思います。次の選挙では、若くて元気のある候補者を多数擁立して一緒に頑張りたいと考えています。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

大田祐介議員 自分の信念を持って活動しておりますが、アドバイスや苦言があれば遠慮なくお知らせください。また、私一人の広報活動には限界があるので、皆さんも私の活動を多くの人に広めていただきたいと思います。

記者 ありがとうございました。