森山ゆきてる (もりやま行輝) 石巻市議会議員

森山ゆきてる議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

森山行輝議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

森山行輝議員 地域が将来どのように変わっていくかという事と地域の課題を市政においていかに解決し得る仕事をしていくかという事だと思います。

石巻市で今、一番問題だと思われる事

記者 石巻市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

森山行輝議員 雇用の場がないという事が一番の問題だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、森山市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

森山行輝議員 私が取り組んでいることは、いかに雇用を創設するかということで、宮城県内でのトヨタ関係企業進出に目を向け、いろいろ働きがけをしています。たとえば、石巻市にもトヨタの関連会社や新しいベンチャー企業創設をして、雇用の場の創設を考えるという活動をおこなっております。

議員活動報告

記者 森山市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

森山行輝議員 新聞発行と地域別の市政報告会で、私の公約の整合性を含め、議会活動状況を出来るだけわかり易く有権者や支援者の皆さんに伝えるようにしています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、森山市議は何が必要だとお考えですか。

森山行輝議員 誰が政治に携わっても同じだということではなく、若い人たちが選挙でも疑問点でも声を発するようにして、出来るだけ選挙に行くように言っています。投票することによって投票した人がどのような活動をしているか興味を持つようにもなり、選挙離れ廃止にもつながると思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

森山行輝議員 今デフレの時代で就職も厳しい時代ですが、必ず下がったものは上がりますし、石巻市の財産を活かしながら、将来に夢を持って皆さんとより良い街づくりをしていきましょう。

記者 ありがとうございました。