岩佐ゆきひろ (いわさ行浩) 稲城市議会議員

岩佐ゆきひろ議員へのインタビュー

岩佐ゆきひろ議員(東京都稲城市)へ、平成23年1月19日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

岩佐行浩議員様

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

岩佐行浩議員 国政は大きな法律の案件等もありますが、地方議員は皆様の意見を参考にしながら、市に対して頑張って活動していくことだと思います。

稲城市で今、一番問題だと思われる事

記者 稲城市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

岩佐行浩議員 子育てや教育の問題です。

その問題に対する具体策

記者 岩佐議員はその問題に対して、今後具体的にどんな取り組みをしていきたいと思いますか。

岩佐行浩議員 これから、学校の安全対策をしっかりとし、また幼稚園、保育園を充実させ、男女問わず子育てと仕事が両立できる町にできるよう取り組みたいと思います。

議員活動報告

記者 岩佐議員は当選されましたら、どのような方法で活動報告を発信していこうとお考えでしょうか。

岩佐行浩議員 ご年配の方々も見やすいように、紙ベースで作成してポスティングや新聞折り込みで配布する形ですね。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、岩佐議員は何が必要だとお考えですか。

岩佐行浩議員 稲城市民の若い方に、地方選挙も興味を持っていただけるよう、活動報告などの広報を充実させていくことだと思います。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

岩佐行浩議員 私は7歳の頃から家族や友達、思い出を含めて全てがここ稲城市にあり、そういう部分では皆様に支えられてここまで大きくなりましたので、その分手となり足となり精一杯稲城市をより良く幸せな街にできるよう頑張ってまいります。

記者 ありがとうございました。