広瀬よしづみ (ひろせ義積) 四街道市議会議員

広瀬よしづみ議員へのインタビュー

広瀬よしづみ四街道市議会議員(千葉県)へ、平成23年3月8日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

広瀬義積議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

広瀬義積議員 生活全般に関わる市民との調整役と政策を実現することです。私は働く者の立場に立って、いろいろな制度政策要求が実現するように取り組んでいます。

四街道市で今、一番問題だと思われる事

記者 四街道市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

広瀬義積議員 たくさんありますが、少子高齢化と財政の問題だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、広瀬市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

広瀬義積議員 一つはまちの活性化ということで、商業や産業の発展に取り組んでいます。また働く者の立場で言えば、サラリーマンのまちですので、賃金等が上がってくれば税収も上がってくると考えています。あとは、今の地方行政は無駄が多いので、無駄を排除するためにも歳出の削減を考えながら、地方自治改革ということに取り組んでいます。

議員活動報告

記者 広瀬市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

広瀬義積議員 後援会便りと「広瀬よしずみレポート」を出しています。あとは、個々に後援会の総会などでご報告をしています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、広瀬市議は何が必要だとお考えですか。

広瀬義積議員 生活そのものに政治が関わっていますので、教育の中での意識改革が必要だと思いますね。若い時から政治に関わる機会を増やしながら、若い人達が将来に向けて市民参加してもらえるような形を作ることが一番でしょうね。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

広瀬義積議員 議会基本条例調査特別委員会委員長として、議会の改革に取り組んでいます。市民と議会とをできるだけ近づけ、開かれた議会を作ろうとしています。是非、活動にご協力いただきたいと思います。

記者 ありがとうございました。