しらたに義隆 (白谷よしたか) 柳川市議会議員

しらたに義隆議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

白谷義隆議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

白谷義隆議員 地方政治といっても国政の中でのことですから、国政抜きに地方政治は語れないと思います。国政の住民生活の直結した中で、地方がより深く掘り下げて維持できることには何があるかを考えた時、やはり地方の独自あるいは国政の細部に亘って、地域や生活に密着している部分が政治課題になるだろうと思いますし、有権者が期待されている部分だと思います。

柳川市で今、一番問題だと思われる事

記者 柳川市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

白谷義隆議員 柳川市は観光地ですが、観光客もピーク時に比べると減っています。観光の部分でもう少し付加価値をつけながら、まだ日が当たっていないところに光を当てていくか、考えていく事が大事なのかなと思っています。

その問題に対する具体策

記者 現在、白谷市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

白谷義隆議員 私の住んでいる大和町は、合併して柳川市になったものですから、観光としてメインにしている川下りなど、他の観光の具体的な内情を私自身まだ理解しきっていない部分があります。そのためもう少し私自身が勉強をして、まだ観光地として埋もれているところに光をあてていくよう取り組んでいくべきだと思っております。

議員活動報告

記者 白谷市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

白谷義隆議員 年に1回、後援会ニュースという形で5.000部ほど配布したり、地域で報告会などを開いています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、白谷市議は何が必要だとお考えですか。

白谷義隆議員 後援会ニュースでも自分の考えや意見を述べていますが、例えば、柳川市の中で税金の使い方などについて疑問に思った事などを、皆さんに訴え、伝えていくことによって、若い人に限らず有権者の方に政治に関心を持ってもらえるのようになると思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

白谷義隆議員 私たちは地元の代表ですから地元の要望などを聞くのは当たり前ですが、皆さんにも市政全般についてもう少し興味を持っていただいきたいと思います。議会の役割と首長の役割はどういうものなのかを知っていただき、その中で私たち議員が何をしているのかということを見ていただきたいと思います。

記者 ありがとうございました。