渡辺よしろう (わたなべ貴郎) 岐阜市議会議員

渡辺よしろう議員へのインタビュー

渡辺よしろう岐阜市議会議員(岐阜県)へ、平成30年10月29日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

岐阜市で今、一番問題だと思われる事

渡辺よしろう議員

記者 岐阜市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

渡辺貴郎議員 岐阜市も高齢化と少子化が進んでいますので、そこが大きな課題の1つだと思っています。

その問題に対する具体策

記者 現在、渡辺市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

渡辺貴郎議員 少子高齢化の進行を止めるのは難しいところがあると思いますが、岐阜市では今、岐阜市に魅力を感じてもらうための取り組みとして、ICT教育やプログラミング教育といった教育の充実を図ることを積極的に進めています。私自身も子育て世代として、子育てしやすい教育環境が整っていることは大事なことだと思っておりますので、その取り組みには賛同しております。

議員活動報告

記者 渡辺市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

渡辺貴郎議員 年4回ある議会終了後に、議会での議論内容や自分が登壇した一般質問の内容などを会報誌としてまとめ、関係地域に配布しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、渡辺市議は何が必要だとお考えですか。

渡辺貴郎議員 FacebookやSNSの活用も大事だと思いますが、基本的には若い人たちとの対話が重要だと思っています。地道な作業だとは思いますが、政治家というよりも、個人的に若い人たちと触れ合いながら人間関係を築き、その中でいろいろな話をして、少しずつでも政治に関心を持ってもらうことが大事だと思っています。