三浦由紀 (みうらよしのり) 大分市議会議員

三浦由紀の使命

三浦由紀大分市議会議員(大分県)へ、平成23年11月18日に大分市の問題点および取り組みについてインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

三浦由紀議員

私が取り組んでいる課題は、議会改革と小さな地方政府を作りたいというこの2点です。

議会改革に関しては、議会基本条例を全国でも早めに作った地域でもあり、市民の意見をどう取り込んでいくか、無駄のない活動をどうしていくかということを最大限考えながら、市民の皆さんに議会の動きを分かりやすく理解していただくような制度作りを今進めているところです。

小さな地方政府作りとは、要するに民が出来ることは全て民が主であるべきということが基本的な考えです。民が出来ない時だけ官が手を差しのべてフォローするという政治に変えた方が良いというのが私の主張するところです。アメリカでも市の職員が1桁台の完全民営化している自治体も出てきましたので、理想としては日本もそれぐらいのものを目指しても良いのではと考えています。

大分市民のためにお役に立つべく、三浦由紀はこれからもがんばって参ります。