板谷よしひさ (いたや良久) 苫小牧市議会議員

板谷よしひさ議員へのインタビュー

板谷よしひさ苫小牧市議会議員(北海道)へ、平成30年6月29日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

苫小牧市で今、一番問題だと思われる事

板谷良久議員

記者 苫小牧市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

板谷良久議員 人口減少問題ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、板谷市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

板谷良久議員 雇用の創出と出生率を上げるというこの2つの大きなテーマがあると思っています。雇用の創出に関しては、企業の立地ですとか、観光に関するような事業の促進を中心に考えています。具体的なこととして、今苫小牧ではIRに手をあげているので、IRの取り組みを推進するようなことをやっていきたいと思っています。

議員活動報告

記者 板谷市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

板谷良久議員 皆様とお会いした時に、直接お話をしながらご報告しております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、板谷市議は何が必要だとお考えですか。

板谷良久議員 全ての事に興味を持ってもらう必要もないと思いますし、積極的にPRしなければいけないという責任感は特に感じていませんが、やはり、若い人達と接触すことを増やし、会って直接話をするということが一番わかりやすいかなと思っています。名前を売るためにはインターネットを利用したり、書面を送ることも必要なのかもしれませんが、直接会って話をしてみて、議員の仕事を理解してもらうことは遠回りのようですが、近道でもあるのかなと思いますね。