稲葉ヨシヒコ (いなば好彦) 五所川原市議会議員

稲葉ヨシヒコ議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

稲葉好彦議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

稲葉好彦議員 この地域の現状、地域の課題をいかにして対処処理してもらえるのかということだと思います。

五所川原市で今、一番問題だと思われる事

記者 五所川原市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

稲葉好彦議員 どこの自治体も同じだと思いますが、財政問題でしょうね。交付税が充分に措置されてないために、赤字国債で補っているのですが、先の保障がないのでやはり財政問題が将来に対する一番の問題です。

議員活動報告

記者 稲葉市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

稲葉好彦議員 政党の活動をいう機会をとらえて、街頭での運動をしています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、稲葉市議は何が必要だとお考えですか。

稲葉好彦議員 やはり当たり前のことが当たり前に行なわれている世の中の仕組みを保証しながら、悪いところは若い有権者の一票で変えていくのだという雰囲気作りが、若い人の政治に対する関心を上げる最大の事だと思っています。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

稲葉好彦議員 五所川原市は今後、病院計画を含め、いろいろな建設計画があります。そのためには安定した財源の確保と少子高齢化に対応した世の中のシステムを作っていかなければなりません。皆様の思いとして、我々議員の持っている30分の1の議決権を有効に大切に使っていきたいと思っております。

記者 ありがとうございました。