ひろせ吉彦 (広瀬よしひこ) 須賀川市議会議員

ひろせ吉彦須賀川市議会議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

広瀬吉彦議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

広瀬吉彦議員 地元の社会資本の整備や雇用の問題などの身近な問題が一番多いと思います。

須賀川市で今、一番問題だと思われる事

記者 須賀川市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

広瀬吉彦議員 福島空港の利活用問題ですね。福島空港が出来た当初は高速交通網の機関として観光利用客、ビジネスにも随分使われ、企業誘致もスムーズにいった部分はありました。ところが現在は日本航空の問題や路線の撤退、経済の疲弊状況等の影響で空港の利用者が落ち込んでいるという問題があります。

その問題に対する具体策

記者 現在、広瀬市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

広瀬吉彦議員 福島空港は全ての道に通じると思っていますので、企業誘致にしても地元の波及効果としても廃港にせず、何とか利活用する方向で政策の中でも空港問題として取り上げております。

議員活動報告

記者 広瀬市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

広瀬吉彦議員 各地区の町内会や青荘年会、老人クラブなどお付き合いさせていただいておりますので、各集会でそのつど市政報告会を行なったり、身近にお話をさせていただいております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、広瀬市議は何が必要だとお考えですか。

広瀬吉彦議員 雇用の場の確保や子育て支援、身近な社会資本の整備などの充実を図るための政治の動きや、重要性を説明する必要があると思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

広瀬吉彦議員 出来るだけ幅広い分野でいろんな事に対応できるような知識を身につけたいと思い、日々勉強しながらがんばっております。また地域の方々の要望にも応えられるような一議員になりたいと思っておりますので、是非、ご支援いただけますようお願いいたします。

記者 ありがとうございました。