森戸よしふみ (もりと芳史) 光市議会議員

森戸よしふみ議員へのインタビュー

森戸よしふみ光市議会議員(山口県)へ、平成23年11月8日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

森戸芳史議員 生活に密着した様々な問題の解決と行政のチェック、将来のビジョンをつくる事です。

光市で今、一番問題だと思われる事

記者 光市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

森戸芳史議員 人口減少と高齢化の問題です。

その問題に対する具体策

記者 現在、森戸芳史市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

森戸芳史議員 景気悪化と少子高齢化によって財政状況が悪くなってきますので、一つは人口減少に合わせて行政を小型化することと、もう一つは様々な公共施設の建て替え更新に対して、建て替えに備える基金を設置することに取り組んでいます。また、経済活性化のため、今ある光市の産物の地産地消を促進し、まずは光市の中で内需を拡大し、市内外、県外、世界に向けてその産品を発信することに取り組んでいます。

議員活動報告

記者 森戸芳史市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

森戸芳史議員 会報を持って一軒一軒廻り、フェイストゥフェイスでお話しをしております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、森戸芳史市議は何が必要だとお考えですか。

森戸芳史議員 若い人が政治に出やすい環境をつくる事です。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

森戸芳史議員 議会の本会議や委員会等をどんどん見てもらいたいと思います。

記者 ありがとうございました。