竹内やすと (たけうち靖人) 津山市議会議員

竹内やすと議員へのインタビュー

竹内やすと津山市議会議員(岡山県)へ、平成22年9月2日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

竹内靖人議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

竹内靖人議員 地方での政策立案というのはなかなか厳しいのですが、有権者の方からは国の制度を乗り越えた要望やインフラの要望が多いと思います。

津山市で今、一番問題だと思われる事

記者 津山市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

竹内靖人議員 まずは雇用問題だと思います。日本は一極集中で国づくりをしてきたということで、地方には権限もなく、大きな産業もなかなか目新しいものが見つからないという点で、地方での産業育成は難しいというところがあります。雇用の拡大に繋がることは国としても地方分権の中でやってほしい事柄ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、竹内市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

竹内靖人議員 経済状態は非常に厳しいので、財政力を少しでも上げていく工夫をしていければと思っています。私は農業もしておりますので、地場産業としての米麺商品に取り組んでおります。

議員活動報告

記者 竹内市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

竹内靖人議員 ミニ集会での報告や、年に2回、夏号と冬号として議会報告を発行しております。また、議会の会派でも会報として報告しております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、竹内市議は何が必要だとお考えですか。

竹内靖人議員 現在私はスポーツ少年団の顧問をさせていただいており、保護者の方をはじめ、若い世代の方と雑談しながらお話する機会があります。また私の子ども達が若い世代の代弁者であるということで、私は情報を集めております。若い人達と接触する機会がないと、なかなか若い人達に考え方などを伝えるのは難しいと感じております。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

竹内靖人議員 議員の選出は地域型選挙が往々にして行なわれていますが、人気投票ではなく、日頃の活動や政策をもっと知っていただき、ご判断いただければありがたいと思っております。

記者 ありがとうございました。