岩﨑康朗 (いわさきやすろう) 米子市議会議員

岩﨑康朗議員へのインタビュー

岩﨑康朗米子市議会議員(鳥取県)へ、平成29年10月25日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

米子市で今、一番問題だと思われる事

岩﨑康朗議員

記者 米子市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

岩﨑康朗議員 米子駅南北自由通路等整備事業と米子城跡保存活用計画の史跡公園化については今注視しているところです。あとは、産業廃棄物管理型最終処分場の建設計画の問題があります。これは、敷地が米子市で事業体は県というものなのですが、米子市民からはなぜ米子市が土地を提供し、処理水に含まれた汚染物質を米子が受け入れるのか、といった反対運動が盛んとなり、問題になっています。

その問題に対する具体策

記者 現在、岩﨑市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

岩﨑康朗議員 議会として、最終的には米子市の土地を県に提供するかどうか議決案件になると思います。そこで議論していくわけですが、今のところ大きな議論にはなっていません。ただ、もろもろの議員の考え方があるということを説明して、私達は建設実現へ向けて進めていきます。

議員活動報告

記者 岩﨑市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

岩﨑康朗議員 主に私の後援会の方々を対象に、市政報告会を年に3回ほど行なっています。また、会派の報告会も年に1回行なっております。あとは、議会ごとに一般質問をし、そこで岩﨑康朗の思いや米子市政を見つめている姿勢をできるだけ表現しております。私の支持者の内20名ほどの方々は、議会へ傍聴にも来て下さいますので、大変ありがたいと思っております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、岩﨑市議は何が必要だとお考えですか。

岩﨑康朗議員 米子市議会の選挙は来年6月なので、初めて18歳の方々が参加できる選挙となります。やはり、主権者教育という事が絶対必要なのだろうなと思いますね。それと、私達もかつて自民党青年部だったのですが、学生さんに対していかにPRしていくのか、政治は身近にあるという事を感じていただくためにも、気軽に参加できるような座談会形式の場を設定するなど、地道に行なっていく必要があるのだろうなと思います。