加納やすき (かのう康樹) 四日市市議会議員

加納やすき議員へのインタビュー

加納やすき四日市市議会議員(三重県)へ、平成22年7月15日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

加納康樹議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

加納康樹議員 直接的なコミュニケーションを取れるということだと思います。

四日市市で今、一番問題だと思われる事

記者 四日市市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

加納康樹議員 いつまで経っても公害の街から脱出できないので、そのイメージを変えていく事だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、加納市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

加納康樹議員 私の発案からだったのですが、B級グルメの戦略でなかなか外へ打って出る商品ではなかった「とんてき」を全国ブランドにしていこうという取り組みをやっています。

議員活動報告

記者 加納市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

加納康樹議員 年に2回活動報告を配っています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、加納市議は何が必要だとお考えですか。

加納康樹議員 国や県、市でも、自分たちの代表という人を送り出さないと、自分たちの世代に対してのベネフィットというのは絶対かえってこないということをお話しております。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

加納康樹議員 4年前の選挙の公約はこの4年間でほとんど成果を出しています。今後も誰にも負けないこの政策実行力で活動を続けてまいります。

記者 ありがとうございました。