星出つねお (ほしで恒夫) 下関市議会議員

星出つねお議員へのインタビュー

星出つねお下関市議会議員(山口県)へ、平成30年3月8日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

下関市で今、一番問題だと思われる事

星出つねお議員

記者 下関市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

星出恒夫議員 下関には自主防災組織が確立していないので、大規模災害が起きた時に災害から命を守るために、防災に強い下関を作っていかなければならないと思っています。

その問題に対する具体策

記者 現在、星出市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

星出恒夫議員 防災士の資格を取って、今所属している防災士連絡会組織の事務局の中で、積極的に短い期間で、自主防災組織を市内にどんどん作っていくことを考えています。

議員活動報告

記者 星出市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

星出恒夫議員 私は去年の3月に議員になったばかりですので、市政報告会や広報紙を発行する準備を今おこなっているところです。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、星出市議は何が必要だとお考えですか。

星出恒夫議員 前職は市の職員でしたので、当時、まちづくりの啓発事業として、大学生をターゲットにいろいろと企画などを考えていました。やはり、若い人と積極的に話す機会を持つことが一番大事だと思いますね。私自身、議員になってからも若い人と接する機会を持ち、Facebookなどのツールも利用しながら、自分たちのまちづくりへの参加や政治の話をするように心がけています。