北橋豊作 (きたはしとよさく) 伊予市議会議員

北橋豊作議員へのインタビュー

北橋豊作伊予市議会議員(愛媛県)へ、平成24年4月5日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

伊予市の問題点および取り組みについて

平成17年4月1日に設立合併をしましたが、中山間地域の中山町など俗に言う過疎地域の人口減が著しいという中で、少子高齢化が進んでいることです。また、若い人の働き場がないので、それをいかにくい止めるか、働き口をいかに確保するか。人口を増やすことは難しいと思いますので、ウィークデイだったら昼間、土日だったら半日でも一日でも長く滞在していただく施策をどう構築していくかに尽きると思います。

伊予市は農林水産業が比較的盛んな地域ですので、どう体制を整備して農業の安定販売を構築していくかを考え、そのためには行政としてどのような形で支援ができるかを考えいくことが重要だと思っています。私は農業関係の組織に所属しておりましたので、作る、加工する、販売するといった六次産業化を公約の中に入れ、農業の振興ということを一番に取り組んでいきたいと思って活動しております。

有権者に対する議員活動報告について

議員全体の報告は、議会基本条例を作ることを前提に、議会改革特別委員会を立ち上げて、各校区別に我々議員が主催となって市民との意見交換会として出前議会を開催しています。 個人としては要請があれば地元地域の行事に参加して、そこで市政報告をさせていただいております。

若い有権者にもっと政治に興味を持ってもらうための工夫について

消防団や愛護団といった組織団体に機会があれば出向いて交流したり、学校行事 に参加することで若い保護者の方との接点も持てると思いますので、日々の活動のなかで人間関係を作っていくしかないと思います。