田中としお (たなか登志雄) 小郡市議会議員

田中としお議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

田中登志雄議員 地域の問題を政党の枠を越えて活動し、解決してくれる議員が市民からは求められると思います。

小郡市で今、一番問題だと思われる事

記者 小郡市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

田中登志雄議員 高齢化に向かって福祉関係の自主財源を確保するために、商工業誘致で財源確保するという方向でめざしていましたが、今回の不況でその考えが足踏み状態になっていることですね。

議員活動報告

記者 田中市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

田中登志雄議員 特に市政報告会は行なっておりませんが、その時々の問題が出た場合、一般質問という形で問題提起して、その問題を解決できるものは日頃の活動の中で解決していくという形をとっております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、田中市議は何が必要だとお考えですか。

田中登志雄議員 若い人たちも身近な問題意識は皆さんもっていると思いますので、自分たちが声をあげれば政治に反映されるのだという姿勢が大切ではないかなと思います。また、その声をどう私たち議員が市政の場へ吸い上げていくかによって、若い人たちももっと興味を示してくれるようになると思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

田中登志雄議員 今の日本の状況を打破して、これから更に世界のリーダーとして日本が成長していくためには、若い人たちにもっと問題意識をもって勉強していただき、日本の問題としてだけでなく世界の環境問題や食料問題などにも正面からぶつかっていただきたいと思います。

記者 ありがとうございました。