いわむろ敏和 (岩室としかず) 阪南市議会議員

いわむろ敏和議員へのインタビュー

いわむろ敏和阪南市議会議員(大阪府)へ、平成24年5月17日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

岩室敏和議員

阪南市の問題点および取り組みについて

今一番肝心なのは市民参画のまちづくりですね。市民とのコラボレーションでまちづくりをしていくということが一番大事だと思っています。行政だけではまちづくりはできませんので、あらゆる方面において市民と共にまちを作っていくことと、疲弊している地方行政の新たな財政再建が必要だと思っております。

有権者に対する議員活動報告について

年4回定例議会ごとに、阪南市の全所帯約2万3千所帯に機関紙として市政報告書を作成して、ポスティングしております。また、主だった支持者へは直接お届けして、ミニ集会等を開催しております。

若い有権者にもっと政治に興味を持ってもらうための工夫について

先日もポスティングをした機関紙の中で、「次の世代に借金を残さないために」というテーマで論理展開をしましたが、自分達の問題だということになれば、かなり興味を持ってくれますので、阪南市の問題や国政の問題は決して他人ごとではなく、最終的には自分達の問題に関わってくるということをミニ集会等の地道な対話で、直接議論をしていくということしかないと思います。