真崎寿浩 (まさきとしひろ) 仙北市議会議員

真崎寿浩議員へのインタビュー

真崎寿浩仙北市議会議員(秋田県)へ、平成29年7月11日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

仙北市で今、一番問題だと思われる事

真崎寿浩議員

記者 仙北市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

真崎寿浩議員 若者の定着という部分で10年後20年後を考えた時、どんどん加速して人口が減っていくのではと思います。いかに若い人達を地元に引き止めるかという事が一番の課題だと思いますね。

その問題に対する具体策

記者 現在、真崎市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

真崎寿浩議員 そのためには、産業的な部分で雇用先を充実させなければならないと思います。また、地域の伝統文化など魅力ある部分をもっと活かし、磨きをかけて、子供達が住んで良かったと実感できるようなものを作っていかなければならないと思います。

議員活動報告

記者 真崎市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

真崎寿浩議員 後援会の人達にお集まりいただき、報告会を行なっています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、真崎市議は何が必要だとお考えですか。

真崎寿浩議員 議会や議員の役割は地域の方向性を定める重要な部分に携わっている仕事なのだということをもっとピーアールする必要があるのかなと感じています。社会の仕組みやシステムなど、うわべだけでなく、深いところをもっと理解してもらいたいと思いますね。