前田敏彦 (まえだとしひこ) 伊万里市議会議員

前田敏彦議員へのインタビュー

前田敏彦伊万里市議会議員(佐賀県)へ、平成30年9月19日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

伊万里市で今、一番問題だと思われる事

記者 伊万里市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

前田敏彦議員 地方は全てそうかもしれませんが、やはり、少子高齢化問題と人口減少ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、前田市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

前田敏彦議員 伊万里市には大学や専門学校がないため、高校卒業後は地元を離れていく若者も多く、そのまま地元に帰ってこないというケースが多いようです。私は地元生まれの地元育ちということもあり、地域コミュニティーの活性化に力を注いでおります。これからの子どもたちには、人と人との絆や郷土愛を育てて、いずれは地元に帰りたいなという想いを育んでいきたいと思っています。

議員活動報告

記者 前田市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

前田敏彦議員 報告書を作成して、地元を中心に自分で手配りしています。また、行事に呼ばれた際には、現状報告も兼ねていろいろお話をさせていただいております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、前田市議は何が必要だとお考えですか。

前田敏彦議員 議員や行政サイドからの発信方法や手段、頻度といったところが一つのカギになってくると思います。また、行政が行なっていることは有権者皆さんの身に降りかかってくることですので、有権者サイドとしてはその認識を深めるために、聞くことや対話する姿勢を持ってほしいと思っています。その一環として伊万里市議会では、今年の2月に市内13カ所でワールドカフェ方式の意見交換会を行ないました。約500人の参加者があり、予想を超える反響がありましたので、今後も継続して、取り組んでいきたいと思っております。