日向寺敏彦 新ひだか町議会議員

日向寺敏彦議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

日向寺敏彦議員 国政と違って、地方議員は町の身近な事に関わることだと思います。

新ひだか町で今、一番問題だと思われる事

記者 新ひだか町で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

日向寺敏彦議員 いわゆる景気の悪さ故に、町の活性化が出来ないという点です。

その問題に対する具体策

記者 現在、日向寺町議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

日向寺敏彦議員 やはり、一次産業も含めた観光事業の活性化に取り組んでいます。

議員活動報告

記者 日向寺町議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

日向寺敏彦議員 自分の後援会報という形で、2年に1度後援会報を発行して、支持者の方々に手配りで配布しております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、日向寺町議は何が必要だとお考えですか。

日向寺敏彦議員 若い人たちと私も接触はありますけれども、今は地元での就職先が少ないために、若い人たちも町から出ていってしまう傾向がありますね。町がもっと活性化すれば若者の定着率も良くなり、仕事も増えてくるでしょうから、やはり全ては町の活性化にあると思いますね。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

日向寺敏彦議員 私自身も高齢者のひとりとして、私は高齢者や弱い立場の方たちの見方になりたいといつも思っております。

記者 ありがとうございました。