宮坂たけお (みやさか武男) 茅野市議会議員

宮坂たけお議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

宮坂武男議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

宮坂武男議員 雇用関係や子育てに関わる景気対策ですね。

茅野市で今、一番問題だと思われる事

記者 茅野市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

宮坂武男議員 産業の発展です。今景気が悪くなった中で観光問題ですね。茅野市においても商工会議所を通してB級グルメなどで地方に売り出そうとする動きはあるのですが、結局スパイラルして実になっていません。結局、収穫になるオピニオンリーダーが育っておりません。

その問題に対する具体策

記者 現在、宮坂市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

宮坂武男議員 オピニオンリーダーを育てるにも観光課を離して、商業と工業を連携とした産業振興課と商工会議所が一体になって、これからの観光をもう少しアピールしていかなければならないと思います。茅野市は素晴らしい財産と文化と歴史がありますので、そこをうまく使えば素晴らしい観光地になると思います。

議員活動報告

記者 宮坂市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

宮坂武男議員 年に1回、議会報告を作り、一般質問の内容などを支持者に配布しています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、宮坂市議は何が必要だとお考えですか。

宮坂武男議員 若い人たちにとって子育ての問題が一番大事なのですが、子どもは親が育てる、先生は子どもを教育する、先生は親が教育するという基本の考えをもっていただきたいと思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

宮坂武男議員 街づくりの基本は道づくりだと思いますので、産業観光客をもてなす道路整備も含め、高齢者や子どもたちのために安心安全な舗道の整備に力を入れていきたいと思っています。こ

記者 ありがとうございました。