早川たかとし (はやかわ喬俊) 豊川市議会議員

早川たかとし議員へのインタビュー

早川たかとし豊川市議会議員(愛知県)へ、平成30年7月25日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

豊川市で今、一番問題だと思われる事

早川たかとし議員

記者 豊川市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

早川喬俊議員 大型企業の撤退によって、その跡地に大型ショッピングモールができる話があるのですが、その件が問題になりつつあります。

その問題に対する具体策

記者 現在、早川市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

早川喬俊議員 近隣の町内会で、その問題に対してどのように街づくりを進めていったらよいかを検討する委員会を立ち上げ、いろいろと議論をしているところです。

議員活動報告

記者 早川市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

早川喬俊議員 一つは年に4回のメールの配信とそのメールを受け取った方にメールのプリントアウトをお願いして、近隣へ配布していただいております。また、年4回ある定例会の傍聴に地元の方をお呼びしたり、後援会向けに年3回ほど報告会を開催しています。あとは、これからの地域を考えようということで、地元の代議士の方と県会議員の先生を交え、街づくり交流会を年に数回行っています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、早川市議は何が必要だとお考えですか。

早川喬俊議員 SNSやネットでの配信とインターンの受け入れ体制を整えて、インターン生と一緒に議会の活動に触れていただくことだと思います。