ともえたかし (巴高志) 本庄市議会議員

ともえたかし議員へのインタビュー

ともえたかし本庄市議会議員(埼玉県)へ、平成29年9月8日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

本庄市で今、一番問題だと思われる事

ともえたかし議員

記者 本庄市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

巴高志議員 子育て支援の課題だと思います。本庄市は子育て支援や高齢者問題のアフターケアーはやっている方ではありますが、個人的には、5:5のバランスをもう少し子育て支援にウエイトを置いた方が良いと思っています。

その問題に対する具体策

記者 現在、巴市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

巴高志議員 議会の一般質問において、義務教育における給食費の無料化を率先して提案しています。いずれ無料化になる可能性が高いにしても、子供達の食という部分については、家庭環境により栄養不足の子供もいるので、例えば、子供食堂といった民間ボランティアを活用したり、市の補助金や予算についても今まで以上に子育て支援に計上しても良いという意思をもって取り組んでおります。

議員活動報告

記者 巴市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

巴高志議員 今は、私の一般質問内容や私の公約に対する現状報告を取り入れたチラシを作り、配布しています。あとは、私の現状報告として対談形式でYouTubeに動画をアップしています。また、自分のホームページも立ち上げまして、政務活動費の使い道などについても今後は領収書添付も検討しながら、報告していくことも考えています。18歳からの選挙権ということもあり、ホームページもスマホから検索できるホームページを重要視して、若い人達にも自分の活動を見てもらえれば良いと思っています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、巴市議は何が必要だとお考えですか。

巴高志議員 議会での活動報告は年に1回、3カ所で行なっていますが、それプラス、本庄市にある6つの高校を対象に、議員活動報告に来てもらうようチラシを配布したりもしました。しかし、あまり効果が上がらなかったので、議員が高校へ出向き、パソコンでの説明を交えたイベントの提案をし、若年有権者に対するPRを考えているところです。