国忠たかし 士別市議会議員

国忠たかし議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

国忠たかし議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

国忠崇史議員 国政では党派性の問題がありまして、各政党に属して数の力で物事を実現していくのが基本です。地方議会でも数の力は同じですが、党派性を若干逸脱する部分があって、その中で解決できる問題であれば特に党派性を超えて実現させることができるのではないかと思います。

士別市で今、一番問題だと思われる事

記者 士別市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

国忠崇史議員 過疎少子化の問題ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、国忠市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

国忠崇史議員 私は保育園長を兼業しており、子育ての部門で市民の皆さまからの期待も受けておりますので、市長らと共に子育て支援日本一をめざす活動を行なっております。

議員活動報告

記者 国忠市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

国忠崇史議員 今のところ後援会ニュースをハガキで発行しております。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、国忠市議は何が必要だとお考えですか。

国忠崇史議員 選挙の中での手法の問題として、従来の宣伝カーで連呼するという非日常的なスタイルはやめて、自転車などを活用し、市民と変わらない目線で話していくという日常性を活かした選挙へ変えていくことだと思います。その中で市民から政治が変わったと見てもらうことが先だと思いますね。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

国忠崇史議員 政党や政治の枠組みが全く新しくなってきているという状況です。したがって、従来の政党支持にこだわらず、政策本位で投票行動に参加していただき、日々の議員の活動を見ていただきたいと思います。

記者 ありがとうございました。