米山たかのり (よねやま享範) 富士市議会議員

米山たかのり議員へのインタビュー

米山たかのり富士市議会議員(静岡県)へ、平成22年8月27日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

米山享範議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

米山享範議員 市議会議員の中には町内会や企業の代表をされていた方が多いので、やはり地域の代表として地域の問題点の解決に向けていくことだと思います。

富士市で今、一番問題だと思われる事

記者 富士市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

米山享範議員 ゴミ処理建設に向けて、未だ住民の合意を得ていないということが大きな問題となっています。

その問題に対する具体策

記者 現在、米山市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

米山享範議員 私自身は所属しておりませんが、ゴミ処理建設検討委員会の方でいろいろ検討しながら、すすめているようです。住民の説明会へ出向いて行ったりはしておりますが、それ以上議員としては深入りできない部分もありますので、なかなか難しい問題ですね。

議員活動報告

記者 米山市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

米山享範議員 議会報告会という形で、町内会会合やいろいろな会合に出向いて行き、挨拶を兼ねて議会の現状をお話しております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、米山市議は何が必要だとお考えですか。

米山享範議員 子ども会の役員など、若い人の集まりへ積極的に自分が加わり、ひざを交えて話し合うことが必要だと思います。それによって皆さんの方向性が議会や活動の方へと自然と目が向いてくるのではないでしょうか。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

米山享範議員 富士市の議会では議会基本条例に取り組んでいます。それらの説明会を今後行なう予定ですが、是非、議会基本条例や来年の統一地方選挙にも関心を持っていただきたいと思います。

記者 ありがとうございました。