木村隆彦 (きむらたかひこ) 秩父市議会議員

木村隆彦議員へのインタビュー

木村隆彦秩父市議会議員(埼玉県)へ、平成25年4月9日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

秩父市で今、一番問題だと思われる事

木村隆彦議員

記者 秩父市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

木村隆彦議員 今現在ですと、西武ホールディングスの株式買い取り関係のことだと思います。西武秩父線が廃止になると、秩父としては大変痛手になりますので、 6月の株主総会で44%以上取られてしまわないようになんとかしなければいけないと思っております。

その問題に対する具体策

記者 現在、木村隆彦市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

木村隆彦議員 秩父市では、議会でも日常を支える上で必要不可欠な路線存続を求めるよう議決しておりますし、また、廃止反対の署名運動を行なっていますので、引き続き路線存続を推進していきたいと思っております。

議員活動報告

記者 木村隆彦市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

木村隆彦議員 所属しております「市民クラブ」という会派で、年間4回会報を発行しております。その中で自分の活動や一般質問等を掲載し、市民の方々へ訴えております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、木村隆彦市議は何が必要だとお考えですか。

木村隆彦議員 今秩父市では、産婦人科医不足による病院の確保や雇用の場の確保という問題も抱えておりますので、企業誘致も含め、こういった問題解決を進めることによって、若い人たちも安心して秩父市に住めるようになると思います。若い人たちが携わる事業を充実させることで、秩父市への関心も高まるのではないかと思います。