内川集雄 (うちかわしゅうお) 安曇野市議会議員

内川集雄議員へのインタビュー

内川集雄安曇野市議会議員(長野県)へ、平成24年4月10日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

内川集雄議員

安曇野市の問題点および取り組みについて

5町村が合併した安曇野市では今、本庁舎を建てる方向で素案が出ている段階です。その建設問題に対して、収入所得が下がってきている中での新設を疑問視する意見もありますが、合併した5町村の地域エゴのようなものがまだ残っていて、なかなか地域がひとつにまとまっていない状況ですので、これを早く解消するためにも、私は新庁舎を作って防災機能をしっかり備えた形で対応していく必要があると思っています。

また、私は連合労働組合の出身で、組織内議員でもありますので、基本的に働く者の立場やそれに伴う家族の子供達ことも最優先で取り組んでおります。

有権者に対する議員活動報告について

私個人の広報誌「集いの輪」を年に2回発行し、約5000部の新聞折り込みと、支持者へのポスティングで配布しています。

若い有権者にもっと政治に興味を持ってもらうための工夫について

まずは若い人たちに議会を傍聴してほしいということで、一般質問は土・日・祝日に行うことを提案しています。私自身、地域の若い皆さんと積極的にお話しをする機会持ち、その中でお聞きした意見等を一般質問で取り上げて活動しておりますので、皆さんにも傍聴の声かけをしながら、小、中学生にも議会を傍聴してもらい、少しでも政治に関心を持ってもらえるような形になるよう訴えております。