秋山忍 (あきやましのぶ) 成田市議会議員

秋山忍議員へのインタビュー

秋山忍成田市議会議員(千葉県)へ、平成23年10月25日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

秋山忍議員 一番は身近な事柄の解決だと思います。

成田市で今、一番問題だと思われる事

記者 成田市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

秋山忍議員 空港問題と地方分権の受け皿をどう作るかということ、また、市民と行政との協働をどう進めるかだと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、秋山忍市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

秋山忍議員 空港問題に関しましては、発着回数30万回に向けての振興対策や騒音問題に取り組んでいます。地方分権に関しては、国から成田市へいろいろな権限が委譲されますが、それをどう活かすか、また権限の一部を地域に任せるという地域分権について、また、市民と行政との協働については、自治基本条例の制定について一般質問等を通して訴えております。

議員活動報告

記者 秋山忍市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

秋山忍議員 今は新聞折り込みの議会だよりを出しております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、秋山忍市議は何が必要だとお考えですか。

秋山忍議員 難しいですが、ひとつは若い人たちから見て、我々市議会議員が政治活動や人間性において魅力的にならなければならないのかなと思いますね。あと我々からの情報を発信して政治に興味を持っていただけるように、働きかけなければいけないと思います。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

秋山忍議員 合併して5年程経ちましたので、一体感も出てきましたが、合併して大きくなった分、きめの細かさが足りなくなってきていると思います。これから地方分権を更に、地域分権へと進めて、細かいところまで目が届くような本格的な街づくりを目指し、これからも政治活動を続けていきたいと思っております。

記者 ありがとうございました。