くらもと慎一 (蔵元しんいち) 南九州市議会議員

くらもと慎一議員へのインタビュー

くらもと慎一南九州市議会議員(鹿児島県)へ、平成23年8月2日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

蔵元慎一議員 地方議会は国政に比べると力がないので、地方議員に期待されているのは、地元のインフラ等整備位のことだと思います。

南九州市で今、一番問題だと思われる事

記者 南九州市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

蔵元慎一議員 合併後の調整だと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、蔵元慎一市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

蔵元慎一議員 合併したことによって、市の施設や庁舎もそれぞれに残っていますので、効率良い行政運営が出来るように計画的にまとめていくことが必要だと思っています。

議員活動報告

記者 蔵元慎一市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

蔵元慎一議員 報告会等は特に行っておりませんが、一般質問等を通じて毎月議会報の中で報告しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、蔵元慎一市議は何が必要だとお考えですか。

蔵元慎一議員 政治に関心を持ち、政治に携わってみたいと思う人達にとっては、まだ地方の慣習がその環境の邪魔をしているのだと思います。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

蔵元慎一議員 早く合併の効果が出るように、3町の一体化を進めていきたいと思います。

記者 ありがとうございました。