佐々木心 (ささきしん) 仙台市議会議員

佐々木心議員へのインタビュー

佐々木心仙台市議会議員(宮城県)へ、平成31年4月4日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

仙台市で今、一番問題だと思われる事

佐々木心議員

記者 仙台市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

佐々木心議員 太白区は待機児童が一番多いエリアとなっています。新しいマンションの建設が非常に多くなり、子育て世代の方が増えていますが、それに対応できる保育基盤が整備されていないという問題があります。
また、車社会であるこの地域では、子育て世代が増えたことに伴って、交通量も多くなり、エリアによっては慢性的な渋滞が起きるという新たな課題も出ています。一方、秋保温泉街以外の地域は、まだまだ過疎地として整備されていない部分があり、観光地と居住地とのマッチングが上手くいっていないという課題も抱えています。

その問題に対する具体策

記者 現在、佐々木市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

佐々木心議員 子育て対策の中でも保育基盤等の環境整備を早急に進めているところです。交通渋滞の緩和や居住地の改良整備に関しては、地域の要望を受けて行政との橋渡しをしているところです。

議員活動報告

記者 佐々木市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

佐々木心議員 広報紙を作り、地元の新聞折り込みや街頭に立ちながら手渡しをしています。また、座談会も開催しておりますので、その時にもお渡して、報告しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、佐々木市議は何が必要だとお考えですか。

佐々木心議員 政治というものは身近なものであるということを発信していく必要があると思います。時には地域の子ども会や生徒会、PTAと勉強しながら、18歳になる前の義務教育の中で、アクションを進めていかなければならないと思っています。