田中しげき (たなか茂樹) 長岡市議会議員

田中しげき議員へのインタビュー

田中しげき長岡市議会議員(新潟県)へ、平成30年8月7日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

長岡市で今、一番問題だと思われる事

田中茂樹議員

記者 長岡市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

田中茂樹議員 急激な人口減少が起きているわけではないのですが、将来の担い手の問題等も含めて考えると、少子高齢化の人口減少問題だと思いますね。

その問題に対する具体策

記者 現在、田中市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

田中茂樹議員 市としても、交流人口を拡大するために花火や、各地域の宝の磨き上げ等、観光等に力を入れています。私どももスポーツによるまちづくり等の取り組みの中で問題意識を持ちながら、議会等で質問させてもらっています。

議員活動報告

記者 田中市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

田中茂樹議員 基本的には年に1回、会派報告も含めた活動報告書を印刷して、支持者の方に郵送配布をしたり、直接お会いしながら手渡ししています。地元地域で、座談会を開いて活動報告や意見交換を行っています。あとは、後援会の幹部会なども開かせていただいています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、田中市議は何が必要だとお考えですか。

田中茂樹議員 大きな問題としては、若い人達が問題意識を持ってもらえるかどうかという点だと思います。そういった意味も含めて、我々が若い人達の目線に合わせて、垣根を外していかなければいけないと思っています。若い人達が集まる場所に我々が積極的に飛び込んでいくことも一つの方法かとも思います。市議会議員は町内のちょっとした事柄の窓口でもありますので、少しでもお役に立てることをアピールしていくことも大切だと思っております。