村瀬せいぞう (むらせ誠三) 山県市議会議員

村瀬せいぞう議員へのインタビュー

村瀬せいぞう山県市議会議員(岐阜県)へ、平成27年12月3日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

山県市で今、一番問題だと思われる事

記者 山県市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

村瀬誠三議員

村瀬誠三議員 一番問題にしていることは、産業の育成と観光ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、村瀬市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

村瀬誠三議員 元々私は岐阜県の職員で、地域産業や観光を担当しておりました。その頃、山県市が遅れているのは産業の育成ではないか、と感じていましたので、基本的には異業種交流による新しい産業を育成していきたいと思っています。産業の育成と観光はリンクしておりますので、観光がある程度着目されてくれば、産業の発展も一緒に伴ってくると思います。文化はどこの地域にもありますが、その文化を観光資源として活かし、見てくれだけでなく、そこにはどういう歴史があるのか、また現在に至っているのかといった物語のある観光地を作りたいと思っています。例えば、山県市には伏流水と言われる非常に水の奇麗な地域がありますので、それを沢山の方々へ心の癒しの場所として提供していくことなど進めております。

議員活動報告

記者 村瀬市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

村瀬誠三議員 現段階では、お会いした方々へ直接お話をして、都度報告しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、村瀬市議は何が必要だとお考えですか。

村瀬誠三議員 若い議員を育てるには、生活していけるだけの報酬がなければ難しいと思いますね。山県市は政務活動費も一切出ませんので、益々若い議員の窓口を閉ざしている状況です。やはり、若い人達に政治に興味を持ってもらうには、生活していけるような環境作りも大切だと思いますね。