内田隆典 静岡市議会議員

内田隆典議員へのインタビュー

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

内田隆典議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

内田隆典議員 身近な生活に関連した問題の解決、安全・安心の生活環境にしていく活動ではないかと思います。

静岡市清水区で今、一番問題だと思われる事

記者 静岡市清水区で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

内田隆典議員 具体的には難しい話ですが、合併したときの公約というのは、サービスは高い方に併せて、負担は極力押さえるということが合併最大の公約でしたが、現実はそうなっていないということです。水道料が値上がったり、国民保険料が上がったり、負担ばかり増えているのが現状です。もっと清水区のいいところを生かすような施策が必要なのではないかと思います。また、清水区域の予算を残していくことも課題であると思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、内田市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

内田隆典議員 特別に、具体的にというのはありませんが、これから、地域の問題、 地震・防災の問題について、取り組んで参りたいと思います。

議員活動報告

記者 内田市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

内田隆典議員 議員団としては、議会毎に議会報告を行なっています。個人的には2週間に1度のペースで「内田隆典便り」をつくって、機関誌への折込や、支持者の方へ送っています。

記者 ありがとうございます。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、内田市議は何が必要だとお考えですか。

内田隆典議員 大変難しい問題だと思います。個人ではなく、政党によるのだと思いますが、全国的に派遣の問題で、運動していますので注目は集めているとは思います。

記者 ありがとうございます。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

内田隆典議員 活動報告については、支持者の方へ全員に配布するということは出来ないので、地道に活動していくことだと思います。

記者 ありがとうございました。