近山修 (ちかやまおさむ) 阿賀野市議会議員

近山修議員へのインタビュー

近山修阿賀野市議会議員(新潟県)へ、平成28年2月22日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

阿賀野市で今、一番問題だと思われる事

記者 阿賀野市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

近山修議員 やはり、人口減少問題ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、近山市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

近山修議員 若者の出会いの場を設ける婚活支援に関しては、一般質問等で取り上げているところです。市の方でも、企業等の繋がりで出会いの場の設定をお願いすることもあるようですが、具体的な話がなかなか進んでいません。また、単発的に婚活会社を利用して1年に1度くらい、市主催で婚活のイベントを行なうこともありますが、運営会社に任せっきりで、その後の情報がつかめない状況です。人口減少対策としても、もっと市のほうで婚活支援に積極的に関わってほしいと思います。

議員活動報告

記者 近山市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

近山修議員 阿賀野市では、毎議会ごとに議員数名で1グループを組み、阿賀野市の各地域へ出向いて議会報告会を行なっています。個人的には紙ベースやネットを利用した報告はしておりませんが、町内会等の集まりの際、お話をさせていただいております。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、近山市議は何が必要だとお考えですか。

近山修議員 難しい問題ですね。非正規労働者が増えていますが、もっと自分の労働条件や給料に関して、自分の意見や意思を訴えてほしいと思います。具体的にどうしたら政治に興味を持ってもらえるか、という答えは大変難しくて、私も悩んでいます。