尾山のぶよし (おやま信義) 山陽小野田市議会議員

尾山のぶよし議員へのインタビュー

尾山のぶよし山陽小野田市議会議員(山口県)へ、平成29年1月13日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

山陽小野田市で今、一番問題だと思われる事

尾山信義議員

記者 山陽小野田市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

尾山信義議員 地方はどこでも同じように、人口増を目指して議会として動いておりますが、一極集中型に歯止めがかからないというのが、現状ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、尾山市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

尾山信義議員 私どもも人口減に対応するための政策討論会を行い、人口増に向けての取り組み強化の要望等の政策提言書を市長へ初めて提出しました。

議員活動報告

記者 尾山市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

尾山信義議員 議長をやるまでは、後援会報を作っておりましたが、議長になって以降はface bookを中心に活用しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、尾山信義市議は何が必要だとお考えですか。

尾山信義議員 議会報告会をやっても人は集まらないですし、何をやっても若い人達が参加することがまずないですよね。私どもも一番ネックに考えているところであり、一番の課題だと思っています。議会はもちろん行政も含めて、この街ではこんなことをしているとか、若い人にとって関心のある婚活イベントの取り組みなど、もっと実績を若い層に見せることができれば、少しは関心を持ってくれるのかなと思いますね。