菊池みきお (きくち巳喜男) 遠野市議会議員

菊池みきお議員へのインタビュー

菊池みきお遠野市議会議員(岩手県)へ、平成30年1月11日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

遠野市で今、一番問題だと思われる事

菊池巳喜男議員

記者 遠野市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

菊池巳喜男議員 少子高齢化が進む中での人口減少ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、菊池市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

菊池巳喜男議員 地元に残ってもらうためには、産業振興を図り、若者が定住できるような環境を整えなければならないと思います。大学へ行っても地元へ戻られる方が少ないということも人口減少の一因になっていますので、学校を卒業した方々が地元に残っていただけるような企業誘致や、高校卒業してからも学べる専門学校設立なども議会等で訴えています。

議員活動報告

記者 菊池市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

菊池巳喜男議員 年に1回、議会での一般質問などを主とした報告書を作り、配布しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、菊池市議は何が必要だとお考えですか。

菊池巳喜男議員 昨年9月に新しい庁舎もできまして、我々の議員活動に興味を持ちながら、どのような活動をしているかということをきちんと理解してもらう事が必要だと思います。中学、高校生と議員が交流しながら、子ども議会や中学生議会など、生徒が議会の疑似体験をしてもらえるような環境を作った方が良いということも議会へ訴えています。議員の活動に興味を持っていただけるように、日々活動していかなければならないと感じています。