浅石昌敏 (あさいしまさとし) 鹿角市議会議員

浅石昌敏議員へのインタビュー

浅石昌敏鹿角市議会議員(秋田県)へ、平成24年2月28日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

浅石昌敏議員

写真:工匠舞(こうしょうまい)の衣装

鹿角市の問題点および取り組みについて

鹿角市は秋田県の僻地にありますので、少子高齢化と雇用問題に伴う人口減少問題が一番の問題だと思います。また、高齢者のための施設建設等に要する費用面の問題も出てきております。

私たちの所は農村部が比較的多いので、耕作放棄地や遊休農地の問題がシビアになってきています。その対策として、昨年は54ヘクタールのそばの作付けグループを作り、六次産業として乾麺の製造販売をしています。

そばの売り上げはあまりないのですが、昨年より戸別補償制度が導入され、国・県・市からの助成金が充実していますので、機械設備を拡充しながら、耕作放棄地の解消と雇用対策に向けて取り組んでおります。

2009年9月に鹿角市の大日堂舞楽がユネスコ無形文化財遺産に登録されましたので、その登録を記念して、大日堂そばを作っています。今後将来的には、大日堂舞楽と一緒に7つの大日堂そばを全国的に発信していきたいと思っております。