松久保まさたけ (まつくぼ正毅) 南九州市議会議員

松久保まさたけ議員へのインタビュー

松久保まさたけ南九州市議会議員(鹿児島県)へ、平成27年7月27日にインタビューをさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

南九州市で今、一番問題だと思われる事

記者 南九州市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

松久保正毅議員 一番の課題は人口減少ですね。

その問題に対する具体策

記者 現在、松久保市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

松久保正毅議員 若い人達に定住してもらうため、いろいろな補助金等の施策を打ち出しているのですが、高校卒業後には県外に就職される方が多く、人口が減る一方で、合併して7年が経ちますが、既に4200人程減っています。企業誘致も行なってきましたが、不況の煽りを受け、むしろ閉鎖や撤退する企業も多くなり、新たな企業が来るという見通しも立っておりません。なかなか人口減少の歯止めがかからない厳しい状況です。

議員活動報告

記者 松久保市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なっていらっしゃいますか。

松久保正毅議員 小さなミニ集会を開いて、いろいろな説明をしています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、松久保市議は何が必要だとお考えですか。

松久保正毅議員 いろいろな紙面で訴えるだけでは全然反応がないので、ミニ集会等で市民の方々と対面しながら、現状等を説明し、できるだけ多くの方とお話しすることが一番だと思います。私の議員生活の中でも、対面形式のミニ集会で直接お話しすることによって、「あーそうなんですか。」と初めてそこで理解してくれたり、政治に興味を持って反応してくださる方が多かったのを実感しています。