せざき雅弘 (瀬崎まさひろ) 三沢市議会議員

せざき雅弘議員へのインタビュー

せざき雅弘三沢市議会議員(青森県)へ、平成23年8月16日にインタビュー取材をさせていただきました。

内容は以下の通りとなります。

国政との違いについて(有権者が地方議員に期待されている事柄とは)

瀬崎雅弘議員

記者 国政との違いとして、有権者が地方議員に期待されている事はどのような事柄だと思いますか。

瀬崎雅弘議員 市民が思う多様な問題等を直接議員が聞き、市民の声として市政に反映させ、よりよい市の発展のために活動することだと思います。特に、議会が変われば三沢の未来が変わると思っています。

三沢市で今、一番問題だと思われる事

記者 三沢市で今、一番問題だと思われる事は何だと思われますか。

瀬崎雅弘議員 三沢市は基地の街として発展してきましたが、多様な問題等により、これまでの中心市街地が衰退し街の空洞化が顕著となってきています。このため中心市街地活性化基本計画に基づき中心市街地の活性化を目的に国、市等から多額の税金が投入され、街の景観は新しくなりましたが、中心市街地の拠点施設MGプラザが十分に機能していないことだと思います。

その問題に対する具体策

記者 現在、瀬崎雅弘市議がその問題に対して具体的に取り組んでいる事があればお聞かせください。

瀬崎雅弘議員 具体的な取り組みはありませんが、多額の税金が投入されたMGプラザの健全な運営ができるよう議員として何ができるのか自問自答しながら前に進むしかないと思っています。

議員活動報告

記者 瀬崎雅弘市議は現在議員としての活動報告は、どのような方法で行なってらっしゃいますか。

瀬崎雅弘議員 会派「みさわ未来」として定例議会終了後、会派6名で議会報告会及びタウンミーティングを実施しています。

若い有権者が政治に興味を持ってもらうための工夫

記者 若い有権者の方々に政治に興味をもってもらうためには、瀬崎雅弘市議は何が必要だとお考えですか。

瀬崎雅弘議員 若い人達と話し合える場の設定が必要と思いますが、なかなかそのような場の設定は難しいと思います。今、実施している議会報告会等でも中高年の方が主体で若い人の参加は殆どありません。また、HP等インターネットを通じた場の設定も重要だと思います。

支持者へのメッセージ

記者 最後に支持者にお伝えしたいメッセージがあればお願いいたします。

瀬崎雅弘議員 自分達の街は、自分達の声が反映された街づくりが必要だと思います。そのためには、協働の街づくり等市民の声を反映する場に参画することも重要だと思います。

記者 ありがとうございました。